その他の修理

歩く人靴の修理にはさまざまなメニューがあります。たとえばかかとゴムの交換です。長く同じ靴を履いているとどんどんヒールのゴムがすり減ってしまうでしょう。そのため、完全にすり減る前に交換してしまうことをおすすめします。そうすることでバランスを整えることができます。

つま先の底が剥がれてしまったり、すり減ってしまうことがあります。これを防止したり補強するための修理もあります。実は靴底の中でもつま先は一番早くすり減ってしまう部分です。つま先だけが削れてしまい悩んでいる方も多いでしょう。そういう方はすぐに靴修理をしてもらいましょう。なだらかに整えてもらうことができて、違和感がない仕上げをしてもらえます。放置してしまうと靴に穴が開いてしまいます。

ヒールには革が巻かれているのですが、これを交換してもらうこともできます。あるいは新しいヒールに交換することもできます。たとえば階段にぶつけてしまい革がめくれてしまったり、ヒールが傷ついてしまったときにおすすめです。

ブーツの場合はファスナーがついています。これを交換してもらうこともできます。どんどん経年劣化してしまう部分で、閉まらなくなってしまうこともあります。そんなときは新しいものに交換できます。


関連記事

Pocket

Comments are closed.