ソールの補強

靴修理の1つとしてソールの補強というものがあります。ソールというのはさまざまな意味があるのですが、靴底という意味でソールと呼ぶことがあります。靴底というのは靴の中でもとても重要な部分でしょう。ここは歩いているとどんどん摩耗していきます。そのため、ソールの補強をしなければいけない場面があるのです。

靴裏たとえばオールソールといって靴底全体を新しくするという修理があります。補強することができないような状態のソールについては新しいものと交換することになるでしょう。まだ、ハーフソールを補強するという修理もあります。靴の前半分のソールを交換します。これによって減りを防止したり、滑り止めの役割も果たします。

ソールの劣化具合によってハーフソールとオールソールのどちらかにするのです。あまりにも削れ具合が酷い場合にはオールソールを選択することになるでしょう。これらは修理をするスタッフが判断してくれます。

ハーフソールによってソール補強をすると、自分の気に入っている靴を長持ちさせることができるでしょう。クッション性をもたせることができます。また、靴の土台が傷んでしまうのを防ぐ役割も果たします。早めにハーフソールをしておくと良いでしょう。


関連記事

Pocket

Comments are closed.